千代田区 神田神保町の社会保険労務士事務所【社会保険労務士法人プレシャスHR】

会社から退職を促す時

  • HOME »
  • 会社から退職を促す時

退職時は、入社時と同様に労務管理の肝となります。

退職後に在籍時の問題行動が発覚したり、または退職後に社内情報を漏えいしたり、また解雇の場合は、トラブルに発展することが少なくありませんのでご注意下さい。
弊社で最も相談件数が多いのが、退職解雇についてです。

1.雇用契約の解除の種類

  1. 自己都合退職
    労働者の意思により退職届を提出する
  2. 退職勧奨
    会社からの働きかけにより、労働者が退職届を提出する
  3. 解雇
    会社の一方的な意思により、雇用契約を解除する

2.退職勧奨の注意点

退職勧奨は、会社からの働きかけにより、労使が合意して「退職」するという流れですが、両者の認識が曖昧なまま退職処理を進めた場合、後日、退職者から「あのときは解雇を迫られた」ということで、「退職勧奨」の無効を主張される場合があります。これにより、解雇予告手当の支払いなど、無用なトラブルに発展するケースもあります。

  1. あくまで労働者が意思決定する
    退職勧奨の過程において、労働者の自由な意思決定が妨げられる状況があった場合は、退職勧奨が違法となることがあります。そこで退職勧奨にあたっては、勧奨理由の説明、勧奨の回数、期間、言動、そして優遇措置などを総合的に考えて進めていきます。
  2. 退職届の提出
    労働者が退職を決定した場合は、必ず「退職勧奨に同意して退職する」旨の退職届を提出してもらいます。さらに、会社は直ちに「退職承認書」を交付し、労働者に受領の署名をもらうとよいでしょう。

3.会社都合退職による会社のデメリット

退職勧奨 解雇
  1. 会社都合のデータが行政機関に残る
  2. 一定期間、助成金の不支給要件に該当する
  1. 会社都合退職データが行政機関に残る
  2. 一定期間、助成金の不支給要件に該当する
  3. 解雇予告、予告手当の支払(解雇の正当性)

 

 

〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-2-1サンライトビル4F TEL 03-3511-9985 神保町駅A2出口1分、九段下駅徒歩3分

※社員がおすすめする神保町カレーMAPもご覧いただけます!

個人情報保護方針(PMS)

個人情報保護方針(PMS)

社会保険労務士法人プレシャスHRは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等に与えられる『プライバシーマーク』を取得しています。

個人情報保護基本方針(SRP)

個人情報保護基本方針(SRP)

社会保険労務士法人プレシャスHRは、全国社会保険労務士連合会が定める個人情報保護の基準を満たしています

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人プレシャスHR All Rights Reserved.