千代田区 神田神保町の社会保険労務士事務所【社会保険労務士法人プレシャスHR】

労働時間の決まり事

  • HOME »
  • 労働時間の決まり事

労働時間、休憩、休日については、法律と現実のギャップに悩んでいる会社が少なくありません。まずは基本事項についてご説明致します。

1.労働時間の考え方

(1)法律で定める労働時間の上限(労働基準法32条)

原則 備考
1日 8時間まで 常時10人未満の商業・映画演劇業(制作除く)・保健衛生業・接客娯楽業の事業所は、1週44時間の特例があります
1週 40時間まで

(2)労働時間、割増賃金の一例

  • パターン1  始業9時 終業17時 休憩1時間  1日の所定労働時間7時間
  • パターン2  始業9時 終業18時 休憩1時間  1日の所定労働時間8時間

(3)休憩時間(労働基準法34条)

休憩については、次のように定められています。

労働時間 休憩時間
6時間以内 与えなくても良い
6時間超~8時間以内 少なくても45分
8時間を超える場合 少なくても1時間

2.時間外労働を指示できる条件

(1)法定労働時間を超えて残業させるためには、事前に次の対応をしなければなりません。

  1. 労使による36協定の締結、労働基準監督署への届出
  2. 割増賃金の支払い

事業主が労働者に時間外労働・休日労働をさせる場合、あらかじめ労働者の代表者と書面による協定を締結し、労働基準監督署へ届出をしなければなりません(労働基準法36条)。この届け出を怠った場合、法32条違反として6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金という厳しい罰則規定が設けられています。
いきなりこの罰則が適用される可能性は少ないですが、多くの事業所が是正指導の対象となっています。

(2)時間外労働の限度

上記の手続を踏んだとしても、時間外労働には上限が設定されています。平成10年の労働省告示では、次のように示されています。
※但し、労使で特別条項付の36協定を締結した場合は、例外を適用することが可能です。

期間 延長時間の限度
1ヶ月 45時間
1年 360時間

※1年の変形労働時間制を採用する場合は異なる 

(3)割増賃金の算出方法

  1. 時給単価の算出
  2. 上記の賃金総額から除いてよい賃金は次の通りです。
    家族手当 / 通勤手当 / 別居手当 / 住宅手当 / 臨時の賃金 ※家族手当、通勤手当、住宅手当が全員一律に支払われるケースでは、除いてはいけない。
  3. 割増率
    時間外 25%増
    深夜 25%増
    休日 35%増
    休日深夜 60%増

    ※休日とは法定休日(週1日の休日)を指す

3.実態に合わせた労働時間制度

労働基準法では、各社の事業運営にあわせた柔軟な労働時間法制を整備しています。会社の特徴に合わせて選択すべき制度をご紹介致します。(労働基準法32条、38条)

 

〒101-0051東京都千代田区神田神保町3-2-1サンライトビル4F TEL 03-3511-9985 神保町駅A2出口1分、九段下駅徒歩3分

※社員がおすすめする神保町カレーMAPもご覧いただけます!

個人情報保護方針(PMS)

個人情報保護方針(PMS)

社会保険労務士法人プレシャスHRは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等に与えられる『プライバシーマーク』を取得しています。

個人情報保護基本方針(SRP)

個人情報保護基本方針(SRP)

社会保険労務士法人プレシャスHRは、全国社会保険労務士連合会が定める個人情報保護の基準を満たしています

PAGETOP
Copyright © 社会保険労務士法人プレシャスHR All Rights Reserved.